井口拓磨 TAKUMA INOKUCHI

Sound Artist|Composer|Synthesizer

サウンドアーティスト

シンセサイザーによるメロディアスなニューエイジサウンドが注目を浴びる気鋭のサウンドアーティスト。映像音楽をはじめ、空間音楽、コーポレートサウンド のプランニングに至るまで、BGM・サウンドスケープ・サウンドブランディングの分野で活躍。

現代洋画家である父の影響で、幼少より絵画を始める。中学生時代、偶然足を運んだ花火写真家 金武武氏の写真展にて、シンセサイザー音楽と花火写真を融合したワークショップに参加。ここで触れた音楽と花火の世界が、後の活動の原点となる。 慶應義塾大学進学後、音楽活動を本格化。2003年度「慶應義塾大学塾長賞」受賞。

これまでに、スカパー4K「TOKYO先端ダイニング」や、野村萬斎 舞台「六道輪廻」、映画「ジャイブ〜海風に吹かれて〜」、「鈴鹿8耐」音楽花火ほか、Seria、東邦大学、東京エレクトロン、パレスホテル東京、 Motherhouse、DOUTOR、NHK Worldなど数多くのサウンドを手がける。

近年では、「サンシャイン水族館」サウンドスケープデザインをはじめ、「銀座・伊東屋」サウンドロゴ、「サンシャインシティアルパ」サウンドロゴ、 「すみだ水族館」プロジェクションマッピング、「京都水族館」インタラクティブ展示など、商業空間や施設におけるサウンドデザインの可能性を求めて、 第一線で活動している。